• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

大学を卒業して、実家に帰省しています。
仕事はバイトをしていましたが現在無職です。
高校時代の主治医がまた主治医になりました。大学在学中は千葉に住んでいたので他の病院に通っていました。

AD/HDの不注意優先型と診断されました。
社会不安障害の原因もここからきているのでしょう。

とくに、驚いてはいません。DSMの診断基準にもろ自分がAD/HDに当てはまることは17歳の時からわかっていたことですから。

むしろ、思い通りにいかない原因は俺の責任でないと公認されて気が楽です。

注意欠陥他動性障害者は、好きなことを仕事にできるといいと思います。あとは人と接することなくできる仕事。

俺は過集中と不注意のどちらもあります。過集中できる分野なら、成功を収められると思ってます。

現在はメイラックスとジェイゾロフトを服用中です。
宣言はコンサータも服用してましたがやめました。

運転免許をもっていないので、まずは現付バイクを考えています。試験はいつでも受けれる状態です。
スポンサーサイト

深夜4時におきてしまったので友達とチャット。こいつと馬が合うみたい。大学には10時30分に着いた。勉強は90分くらい図書館で・・・頭が重くて長く続けられなかった。もう、それが当たり前になってしまっている。
 試験は三日後。受かりたいような受かりたくないような気分。それより体調が良くなって欲しい。

幕張メッセでカウントダウンTVやってる。すぐそこだけど、テレビから見るしかないのね。サザンやミスチルもきてるのに・・・もどかしい。

昨日のジョギングで使った筋肉が張っていて痛い。
歩くのしんどいな。

頭がつまってるみたいだ・・・

社会不安障害だった人の話

 昨夜は、チャットで仲の良かった友達に自分が社会不安障害であったことを打ち明けると、実は私も・・・と告白されました。彼女は今の安定剤を服用しているようなのですが当時の恐怖症はなくなっているとのこと。
 学生の頃は、自分は社会から必要とされいないという気持ちと、周りの奴らはバカばっかりだと思って自分だけは特別な存在だと思っていたそうです。いわゆる、自己愛傾向ですね。最近の論文を読みましても自己愛と対人恐怖という関連づけられた研究が多いです。
 彼女は「どうせもうすぐ死ぬからいいんだ」が口癖だったそうです。社会で上司に「その言葉は最高にネガティブだが同時に最高にポジティブな言葉だ」と言われたあたりから心の中でなにかが変わっていったそうです。
 小学校、中学校、高校、大学などの小さな社会から、職場という社会へと進むへつれて、特別だと思っていた自分は凡人であるということを気づき始めたそうです。特別だと思っていた自分が実は凡人だと知ってしまった時はショックでもあり、普通でいていいのだという安心も感じることができたそうです。
 僕は競争の中で生きてきたから、競争することでしか自分に自信を持たすことができないのだと思う。競争という社会でしか生きてこなかったからだろう。クラスという単位の中では体育はなにをやってもできたし評定5をとるのが当然だと思ってノルマをかしていた。凄いはずなのに、いつのまにか普通以上でなければならないという思考に変化していったのだろう。そして、それが自分を追い詰めていったのだろう。
 勝負で勝利しなくても自分を愛することができる世界を知っている人はたくさんいるのだろう。やはり人間は個性ではあるものの皆平等なのだろうなあ。
 今日は大学の後期の初めての講義でした。久しぶりに友達に会えてよかった。

自分で行動していく

岩波先生の悪評判をかなり見つけてしまったんだよねー。その情報に信憑性があるかはさておきだまされた気分になって情緒不安定になってました。
他力本願になると、かかる期待が大きい分失ったときの絶望感もでかい。
社会不安障害に関していえば、人に病気を治してもらうっていう考えは止めた方がいいと思う。

社会不安障害は過度の対人緊張や、それにまつわる恐怖症。

自尊心が低いことが原因の一つではないかと考えた。
そこで、自信をつけるために得意なものを見つけたり、あるいは何かをする過程で充実感を抱くようにしていけばいいと思った。

そこで、俺はマラソンをすることに決定。
もともと運動神経には自信があったが、最近はごぶさただった。
これをきかっけに、再始動する。

と、もう一つ。
怖いものから目を背けると、ますます怖くなるからそれもやめたほうがいいと思う。
怖いものを受け入れていけば、意識しなくなっていくかもしれない。

うどん 社会不安障害 岩波先生 大学院願書

最近、うどんにはまってる。讃岐うどんは美味いねー。麺にコシがあっていい。東京の阿佐ヶ谷のはなまるっていううどん屋は、とにかく安いし揚げ物のトッピングは一品ごとに自由に選べる。でも、ダシに関しては神保町の丸香の方が上だなー。
 自分の大学の最寄り駅の隣駅にも、なかなか有名な讃岐うどん屋があると知ったので今度大学に行く時はついでにうどん屋さんへ寄り道してきたい。

話しは変わって、社会不安障害を患い6年目になる。精神科では視線恐怖に対して薬物療法の効果がみられず中止になった。催眠療法はこれまで、10回近くは通っていたが一時的な効果(視線恐怖が消える)はあったとしても再度発症してしまっていた。

薬でだめ、催眠でダメとなると、もうダメなのかなーとあきらめかけていた。
しかし、社会不安障害やうつ病から回復したという人たちが岩波先生という凄腕セラピストによって治療してもらったという。
治療費は相当高いんだが、この病気が治るのなら惜しくないという気持ちがある。

今通っている催眠療法で効果がなかった場合は、岩波先生にお世話にるつもりです。
混雑していて予約をとるのが難しいらしいが。

さて、大学院の願書受付の締め切りは16日。
志望動機と研究計画書を下書きしている最中だ。2000字は、まあまあの字数で進みが悪いが休み休みやれば必ず終わるんでやるしかない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。